HOPES DIE LAST PROFILE



DANIELE TOFANI - Vocals
MARCO "BECKO" CALANCA- Vocals & Bass
MARCO MANTOVANI - Guitar & Vocals
LUIGI MAGLIOCCA - Guitar
IVAN PANELLA - Drums


 04年、当時10代の少年たちにより活動をスタートしたHOPES DIE LAST。結成当初はメロディック・パンク色の強いサウンドをプレイしていたが、音楽性の広がりとともにメタルやスクリームの要素を取り入れながら徐々に現在のサウンドを形成していく。そんな中Myspaceにアップされた楽曲が、その完成度の高さから世界中のスクリーモ・リスナーの話題を呼び、さらにウェブ上に彼らの出身地として掲げられた<ホームタウン:バチカン市国>という前代未聞のプロフィールとともにここ日本でも大きな注目を集めた。
  その後、バンドはVictory Recordsが配給を手掛けるアメリカのStand By Recordsと契約を果たすという、正式リリースのないヨーロッパのスクリーモ・バンドとしては異例の偉業を成し遂げ、デビューEP『Your Face Down Now』(08年)を発表。日本でもgarimpeiro Recordsより国内盤がリリースされると、攻撃的かつ親しみやすいメロディアスな楽曲が高い評価を集め好セールスを記録する。そしてそのEPを携えたツアーでは大型フェスへの出演も含めENTER SHIKARI、THE OFFSPRING、BRING ME THE HORIZON、CALIBAN、FROM AUTUMN TO ASHESなどとヨーロッパ中で共演。さらに『Make A Mess In The US』と題しMEMPHIS MAY FIRE、CATHERINE、DESTROY THE RUNNERなどの若手注目バンドと35公演に及ぶUSツアーも敢行し、各地で地元US勢にも勝る支持を獲得した。
  08年末には新ヴォーカリストとして圧倒的シャウトとカリスマ性を持ち合わせたシンガーDanieleを迎え、これまでより飛躍的な広がりを見せたサウンドとともに完成させた1stフルアルバム『Six Years Home』(09年)をリリース。VANILLA SKYのDaniele Autore(Vo/Gt)をプロデューサーに迎えたこの作品は世界中のスクリーモ・ファンの間で絶大な支持を獲得、日本でも「激ロックFES Vol.1」にてヘッドライナーとして初来日を遂げ、CROSSFAITH、Fear, And Loathing In Las Vegas、Pay Money To My Pain、coldrainなどと共に東名阪を即日ソールドアウトさせた。
  その後も積極的にツアーを行いながら着実にバンドとしての進化を遂げてきた彼らが、実に2年半ぶりとなる新作『Trust No One』を放つ。スクリーモの枠に収まることのない狂気的エッジと叙情性を兼ね備えたサウンドで再び世界を驚愕させるはずだ。


RELEASES


musicbus qrcode

HOPES DIE LAST / Trust No One
(ホープス・ダイ・ラスト/トラスト・ノー・ワン)

2011年12月24日 FACE-110 ¥1,890 (税込) 12曲収録

聖なる地から舞い降りた天使か、悪魔か――
世界を驚愕させる待望の2ndアルバム遂にリリース。
Stand By Recordsよりヨーロッパ出身の新人バンドとしては異例のUSデビューを飾った1st EP『Your Face Down Now』(08年)で世界中のスクリーモ・ファンを唸らせ、1stアルバム『Six Years Home』(09年)でその人気を決定づけた若き5人組。09年には「激ロックFES Vol.1」でのヘッドライナーとして初来日を果たし、Fear, And Loathing In Las Vegas、CROSSFAITH、Pay Money To My Pain、coldrainなど国内人気バンドとも共演するなど、日本での人気の高さを改めて見せつけた。そして全世界が切望する約2年半ぶりのニューアルバム、堂々完成!!! 突き抜けるハイトーン・ヴォーカルと切り裂くスクリーム、そして攻撃的ギター・リフと哀愁味を帯びたキャッチーなメロディ・ラインというコントラストを完璧なまでに構築したサウンドは日本でもすでに高い評価を獲得。本作ではさらに進化を遂げたサウンドで、もはやスクリーモ/ポストハードコアの範疇には収まることのない究極のロック・サウンドを作り上げた!! Katy Perryによる大ヒット曲"Firework"の激烈スクリーモ・カヴァー収録!!! さらには日本盤のみボーナストラックとして、洗練されたメロディが冴え渡る完全未発表音源"Scared By The Mirror"を追加!!

TRACKLIST

01. Never Trust The Hazel Eyed

02. Sidney Shown

03. Unleash Hell

04. Life After Me Life After You

05. The Blue

06. Bill's Got Only A Pair Of Queens

07. This Song Plays Suicide

08. Air Raid Siren

09. Firework

10. The Same Old Fears

11. Icarus

12. Scared By The Mirror *

* 日本盤ボーナストラック

 

RELEASES

HOPES DIE LAST / Six Years Home
(ホープス・ダイ・ラスト/シックス・イヤーズ・ホーム)

2009年08月08日 FACE-077 ¥1,890 (税込) 11曲収録

聖なる地バチカン市国から舞い降りた、神に選ばれし5人の使徒――
世界を驚愕させる待望の1stフルアルバム遂にリリース。
前作EP『Your Face Down Now』(08年)でヨーロッパ出身の新人バンドとしては異例のUSデビューを、Victory Records配給の注目レーベルStand By Recordsより果たし、突如スクリーモ・シーンの話題をかっさらった若き5人組!! 全世界待望の1stフルアルバムが遂に完成!!! 突き抜けるハイトーン・ヴォーカルと切り裂くスクリーム、そして攻撃的ギター・リフと哀愁味を帯びたキャッチーなメロディ・ラインという絶妙なコントラストを完璧なまでに構築したサウンドは日本でもすでに高い評価を獲得。garimpeiro Recordsよりリリースされた前作日本デビュー盤も異例の好セールスを記録するなど、認知度は抜群!!! まさかのヴォーカル脱退劇に見舞われながらも新任ヴォーカリストにより飛躍的な音楽性と感情の広がりを見せた本作。日本でも高い人気を誇るVANILLA SKYのDaniele Autore(Vo/Gt)をプロデューサーに迎え、サウンド・クオリティの大幅向上も実現した欧州スクリーモ最高峰と呼ぶに相応しい傑作の誕生!! これまでTHE OFFSPRING、ENTER SHIKARI、CALIBAN、BRING ME THE HORIZONなどとも共演を果たし、さらに08年には35公演に及ぶUSツアーをMEMPHIS MAY FIRE、CATHERINE、DESTROY THE RUNNERなどの注目若手バンドと敢行という快挙を成し遂げ、スクリーモ大国アメリカにて地元勢に勝る高評価を獲得!! 一大勢力を誇る現US勢に立ち向かうことができるのは彼らしかいない。日本盤のみボーナストラックとして前作EPに収録の名曲"Thanks For Coming"のアコースティック・ヴァージョンを追加収録!!

TRACKLIST

01. Some Like It Cold

02. Ever The Same And Always Will Be

03. Call Me Sick Boy

04. An Endless Serenade

05. Under This Red Sky

06. Good Mourning, Honey

07. Consider Me Alive

08. Stuck Inside My Head

09. Johnny’s Light Sucks

10. Six Years Home

11. Thanks For Coming (Acoustic Version) *

* 日本盤ボーナストラック




www.inyaface.co.jp
ALL RIGHTS RESERVED INYA FACE / CR JAPAN