RELEASES

A World Without Melody - A Tribute To Bad Religion
(ア・ワールド・ウィスアウト・メロディー/ア・トリビュート・ツー・バッド・レリジョン)

2013年03月20日 FACE-114 ¥2,300 (税込) 11曲収録 デジパック仕様

生けるバンクロック・レジェンドにして現代パンク・シーンの創始者、BAD RELIGIONのメンバー公認トリビュート・アルバムが発売決定!!!
2010年、BAD RELIGION通算15作目のアルバム『The Dissent Of Man』発表と同時に、本国アメリカではバンド結成30周年を記念した初のオフィシャル・トリビュート『Germs Of Perfection』(TEGAN AND SARA、POLAR BEAR CLUB、THE WEATHERTHANS、TED LEOなど参加)がリリースされた。そして今回、3年振り通算16作目となるアルバム『True North』発売を記念し、ここ日本で企画されたオフィシャル・トリビュート第2弾!! BAD RELIGION"非"公式トリビュートは世界中に数あれど、メンバーも認めたオフィシャル盤はこの2作のみ!!!

<パンク・レジェンド・バッド・レリジョン>
パンク界の生き字引き的存在であり、「メロコア」「メロディック・パンク」というジャンルを確立した立役者でもある。現在は、ボーカル/リーダーのグレッグ、世界最大のインディ・レーベルEpitaph Recordsの創設者ブレット、そして元SUICIDAL TENDENCIES、元MINOR THREAT、現CIRCLE JERKSのメンバーなども含むまさに米80~90年代パンク・レジェンドが集結したオールスター・バンド。現在までに世界中で累計5,000,000枚を超えるレコード・セールスを誇り、通算16枚目となるアルバムの発売によって、今なお世界各国のシーンに与える影響は絶大だ。

<日本初の公式トリビュート>
今回は特別にメンバーからの許諾を得た、初となる日本のアーティストによるBAD RELIGIONトリビュート。 日本のパンク/ハードコア・シーンを牽引する11アーティストがCROSSBUSTER(十字架ロゴ)を背負って集結する!!

TRACKLIST

01. Do What You Want / LINK

02. I Want to Conquer the World / SECRET 7 LINE

03. We're Only Gonna Die / NUMB

04. Cease / CLEAVE

05. Too Much to Ask / FUCK YOU HEROES

06. Stranger Than Fiction / NO HITTER

07. Modern Man / THE ONE THOUGHT MOMENT

08. 21st Century (Digital Boy) / sfpr

09. Supersonic / TNX

10. American Jesus / MATTER

11. Ten in 2010 / St.ELMO'S FIRE

 


1997年横須賀、柳井(Vo/Gu)、小森(Vo/Ba)、山上(Dr)がロックンロール・バンド「LINK」を結成。インディーズ・シーンで絶大なファンベースを築き上げ、2003年にGREEN DAYのビリー・ジョープロデュースによる海外進出にも成功。2008年11月、川崎CLUB CITTAワンマンで一時解散、だが2010年9月に再び川崎CLUB CITTAのステージに立ち復活し、2011年7月に6枚目フルアルバム『夜を超えた音楽と思想』をINYA FACEより発売。  

2007年結成、2008年、Ba,Vo:SHINJI、Gt,Vo:RYO、Dr,Vo:TAKESHIの現在のメンバーになる。精力的なライブ活動と共に海外アーティストとも多数共演、4度に渡る中国ツアーや大型フェス参加、韓国ツアー、PUNK SPRINGの出演も果たす。2012年2月 自身企画の「THICK FESTIVAL 2012」を立ち上げ大成功を収める。現在までに4枚のアルバムを発表している。
 

1995年に結成。翌年1996年に1st「ROAR 365」を発表。NEWYORKスタイルを全面に押し出したサウンドでシーンの注目を浴びオリコンインディーチャートで最高位5位を記録。2000年に2nd「PLUTINUMB」をリリース。インディーズチャートで1位を獲得する。その方向性もルーツでもあるNEWYORK HARDCOREを踏襲しながらもその枠にとどまることなく様々なアイデアを積極的に取り入れ、現在ではあらゆる音楽シーンから絶大なる評価を受けている。2013年には待望のNEW ALBUMをリリース予定。
 

1999年結成。トリプルギターを擁する5ピースメロディックハードコアバンド。Rise Against、Hot Water Musicなどに影響を受け、それのみにとどまらずハードコア、ポストハードコア、メタル、エモ、フォーク、ポップミュージックなどの要素を取り込み、2012年1月には「The Circle EP」を発売。エモーショナルかつストロングなパンクスタイルを築き上げる。
 

2001年結成。世代、ジャンル、シーンにとらわれずに「来る者拒まず去るもの追わず」のスタンスで都内を中心に不定期に活動中。
 

1997年に札幌で結成。B級パンクをやりたくて作られたバンド。NO HITTERとは野球用語でノーヒットノーランを成し遂げたピッチャーのことだが、それとは無関係で「ヒットしないバンド」つまりあんまり売れないバンドを目指したのが名前の由来。2004年に自主レーベル"IT'S A FACT RECORDS"を120万円で立ち上げ、2006年には米国のDESCENDENTSの真似をしてレコーディング・スタジオを800万円で作ったが借金の返済が終わらないままバンドの活動が微妙になっている。過去に3枚のアルバムとELECTRIC SUMMERとのSPLIT CDをリリース。2013年に過去最悪のアルバムをリリースしてから「グレイテスト・ノー・ヒット」でも出して解散する予定。
 

2007年11月結成、東京を活動の拠点とするパワーロック・バンドTHE ONE THOUGHT MOMENT。メンバーはDan(ex-The Suicide Machines)、Serge(ex-LIMP、ex-Ken Yokoyama)、Yoshi(Rasputin, Electric Summer)、Mas(Rasputin)。一切の無駄を剥いだシンプルかつ強靱なロック・サウンドを武器に、熱い普遍のメロディが鳴り響く究極のハイ・エナジー・サウンド。洋楽~邦楽、パンク~ハードコアの垣根を軽々跳び越えた全方位型ロックは日本に新たなシーンの誕生を予感させる。
 

SG(Ba,Vo)と FZ(Gt,Vo)からなるEDMバンドの新旗手。梵我一如のソング・ライティング然り、黒白両センス溢れる楽器の才然り、ロック・ルーツでもデジタル・ ルーツでもないプログラミングやミックスにおいても、あらゆる場面でハイスペックな能力を発揮する雑食性サウンドラッグ製造マシーン。Dubstep、 Complextro、Nu-Discoなど最先端のクラブ・ミュージックを異様にドライヴさせて、ロックする独自のスタイルに、既に中毒者が続出しており、クラブシーンだけでなくラウドバンドとの交流も深い。今後さらに加速するクロスオーバーの起点である今、デビューたったの一年で、既に強烈な存在感を 放っている。
 

茨城の田舎高校の軽音部で一緒だったギター堀越(元ヤン)とドラム矢口(秀才)、ベース野内(農家)で2003年3月結成。同年10月、ベースが成田(鼻)に代わって現在に至る。90年代のPUNK, HARDCOREから影響を受け、真面目にふざけるをモットーに活動中。CATCH ALL RECORDSから2枚のCDをリリース。近年ではNO USE FOR A NAME, GUTTER MOUTH, STRUNG OUT, USELESS IDが来日した際のツアーサポートを務めた。
 

2005年結成。初台WALL等を中心に活動を続け2009年にFAT WRECKからリリースも果たすDEAD TO ME(USA)とのSPLITを発売。その後、2010年に1st ALBUM "STRAIGHT"、2011年に2nd album "PROGRESSION"、2012年にBLACK BUCKとのスプリット"STORMY TUESDAY"を発売。ビート感溢れる幅広いサウンドに、伸びのある歌声と拳握るメロディーが心を揺さぶる。
 

2007年に札幌で結成。翌年にアメリカツアーを決行し、その後4枚の自主制作CDをリリースしている。2011年、全国へ存在を知らしめるきっかけとなったエルモ監修の4WAY SPLIT CD "ALTERNATIVE COMMUNICATION"(LIVECLEAN STAY YOUNG / MUDDYBEACH / MATTER / St.ELMO'S FIRE)をリリース。2012年2月に待望の1stアルバム"NEGATIVE SIDE"をIT'S A FACT RECORDSからリリースし、この年のライブ本数は100本を数えた。そして2013年6月に2ndアルバムのリリースがアナウンスされたばかりだ。
 



www.inyaface.co.jp
ALL RIGHTS RESERVED INYA FACE / CR JAPAN